So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

電源系 [ボート関連]

 
土曜日に出船しようとしていましたが、まさかの寝坊。
 

エレキの電源系工作をしてました。
DSC_0877_R.JPG
 
 
 
当初は圧着端子を使って、エレキ側と延長ケーブルをネジで繋ぐつもりでしたが
先日、UDさんからコネクタをいただいたので、それを使うことに。
 
 
DSC_0869_R.JPG
 
 
アンダーソンコネクタ(のコピー品?)
自動車とかモーターコントロール、フォークリフトなんかに
使われてるやつで、50A対応。
 
これで繋ぐと着脱が楽です。
 
 
 
延長側のケーブルは
DSC_0870_R.JPG
 
DSC_0872_R.JPG
ラバロンVCTの8sqの2極 電設資材屋での最小単位が10mだったので
しょうが無く購入。3mあれば済むんだけど・・・
被覆が強いので踏んでも大丈夫。むしろガンネルの裏に入れないで
デッキに置くほうが楽か?
 
 

工具はこんなのを 
DSC_0873_R.JPG
ケーブルカッター、圧着工具、ケーブルストリッパー
 
 
 
オームの防雨ケース
DSC_0875_R.JPG
このままだとケーブル引き出し部の穴が小さいので、拡幅の追加工。
 
 
 
DSC_0876_R.JPG
しっかり閉じられるようになりました。
 
 
 
後はブレーカーとバッテリーを用意して結線すれば、電源系は終了。
 
取り付け部のアルミ板は注文しているので、着荷後加工。
当て木は1✕4の板を用意済み。現物合わせで削れば終了。
 
今月中の艤装完了は無理かなぁ。
 
 
 
 
 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

エレキ艤装(仮) [艤装屋.com]

2ヶ月ぶりにマリーナへ。
ハンドコンのフィッティングを見てきました。
DSC_0857_R.JPG
 
 
 
追加の部品製作とレイアウト変更で搭載可能の判断。
 
 
DSC_0845_R.JPG
・マウント幅はギリギリだけどOK
 
 
DSC_0852_R.JPG
 
DSC_0848_R.JPG
・エンジンインターフェイスケーブルの引き込み位置変更「要」
 ※アイボルトの下側に移動。既存の穴はパテとステンレステープで塞ぐ。
・クランプが当たる側に既存のネジを避けるプレート「要」
・クランプが船体のアール部に掛かってしまうので当て木「要」
 ※アールとテーパー加工が必要なので現物合わせで削り 

 
 
DSC_0844_R.JPG
・スパンカー取り付け部を避けるようにプレートの追加「要」
 
 

DSC_0856_R.JPG
 
DSC_0853_R.JPG
 
DSC_0847_R.JPG
ヘッドやモーターの既存品への干渉無し。
使用時のヘッド部(ハンドル)の高さは許容範囲内。シャフトカット不要。
エンジンでの移動時はエレキを引き上げて1段跳ね上げればOKっぽい。
振動とか重量バランスとか、実際に浮かべて見ないと分からない部分もあるけど
とりあえずモーターガイドで行けそう。
 
 
行けそうなんで、早い段階で配線の引き回しを正式版にしても良いかも。
エレキ本体からのケーブルにプラグを付けて、
アイボルトのあった所にフラッシュマウントのコネクタを設置、
3mのケーブルを介してバッテリーへ 配線はガンネルの内側に隠す。
 
さて、いよいよバッテリーをどうするか決めないと。
 
 
 
 
 
むむむ、エレキ使うならストラクチャースキャンの振動子を
エレキの下に取り付けるってのが出来るな。
いや、待てよ、スポットライトスキャン・・・
ハンドコンじゃ無理か。
ってか、そもそも深いところでは使えないか。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ハンドコン導入? [ボート関連]

DSC_0838_R.JPG
モーターガイド バリマックスソルト45Lb 無段階変速 入手。
かなり古いモデルで2011年製。
私が以前使ってたバウハンドと同じ頃かも?
 
DSC_0837_R.JPG
 
ボート仲間が当時買ったは良いが、一度も使わず保管。
もったいないので、私のボートにマッチすれば買い取るよって話で
ひとまず預かりました。
 
ミンコタよりもマウントの幅が広いので、
エボシに乗せられるかは確認必要。
理想はミンコタでツイストマウントを使うなんですが、
とりあえずモーターガイドが入手できたので試してみます。
 
ダメだったら、エンデューラの30か40Lbを買って、
アノード追加して、なんちゃってソルト仕様でやってみるつもり。
 
 
 
って事で、仮運用のための仕様を考え中。
motor ex_R.jpg 
  
 
バリマックスがダメでもミンコタで運用するつもりなので
配線系は早めに考えた方が良いって事で。
 
 
どっちにしろ、ケーブルは延長が必要なので、
延長ケーブルの自作は必須。
長さは現地でフィッティングしないと分からないけど、
2mもあれば足りるかな。
 
既存のケーブルは8sq、端子はR8-10を使ってるっぽい。
それに合わせ、キャブタイヤケーブルの2芯8sqとR8-10を用意する。
このサイズのVCTやPNCTケーブルだと、物によっては10m単位での
販売しか無いかもしれん。
VCTだと2芯8sqの許容電流は50A前後、PNCTだと60A前後。
ある程度柔軟性を持ったケーブルが良いのだが、
値段が高くなるしなぁ。
 
仮運用なのでエレキのケーブルと延長ケーブルの接続は
簡易的なもので済ませる。
念のため端子をカバーする物は用意。
オーム電機の良いのを見つけたのでそれを試す。
 
本決まりになればパネルマウントで再艤装する。
 
 
 
問題はバッテリー。
今のボートでACデルコは重量的に厳しめ。
80Aで19.9kg、定番の105Aで23.6kg。
そもそもデカいので、レイアウトも厄介。
 
とは言え、Longで選ぶとなると、
50Aで15kg前後、36Aで10kgちょい。
20Aが7kg前後だけど、流石に20Aは小さすぎ?
20Aを2つ並列で40Aにするくらいだったら、
50A買っちゃえばって話だし・・・
そもそも50Aで15kgなら、ボイジャーの80Aなら+5kgだし
それで良いのでは?ってなっちゃう。

リチウムはまだチャレンジしたくない。

バッテリーの持ち、重量、サイズ、価格
これの落とし所がなぁ・・・。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

エレキスタンド [ボート関連]

DSC_0828_R.JPG
そのまんまで、エレキギターのスタンドなんですが
これがボート用のエレキのスタンドとしてもマッチします。
値段が1000円以下で買えるのも良いポイント。
 
なんで今更これを買ったかと言うと・・・続く
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鯛ネタを2つ [タックル全般]

その1 鯛玉
 
釣り具のポイントで無垢の鯛玉購入。
(TAKAMIYAブランド)
DSC_0814_R.JPG
 
 
 
・今までの製品よりも鋳肌がきれい。
・型合わせの部分も研磨処理がされていてバリが無い。
・側面にテーパーが付いていて、水の掴みが良さそう。
・穴が大きめ(実測でφ4程度)
・混ぜ物をしてそう。(亜鉛かスズ?)
 
DSC_0816_R.JPG
 
なかなか良さそうです。
 
 
 
 
 
その2 鯛茶漬の素
 
永谷園の「鯛だし茶づけ ごまだれ味」を購入。
DSC_0823_R.JPG
 
 
 
DSC_0824_R.JPG
 
 
 
DSC_0825_R.JPG
 
 
 
DSC_0826_R.JPG
 
私は鯛の存在は感じられませんでしたが、旨いです。
白身の魚と合わせて使うと良いかも。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2019年総括 [その他]

 
総括ってほど釣行してませんが、恒例のまとめって事で。
 
 
【トピックス】

・釣行回数13回(前年に比べ5回減少。これはしょうが無いです。)
 
・船外機入れ替え
 結構長い時間悩みましたが、6年半で船外機を入れ替えました。
 トーハツのMF9.8に不具合が起こった訳では無く・・・
 ・トルク不足を解消したい
 ・エンジン情報をディスプレイに表示したい
 ・自分にとっては馴染みのあるスズキにしたい
 って事で、スズキのDF9.9Bに載せ替えました。
 
 L脚でスペーサーってのも考えましたが、けっこうな嵩上げが
 必要になりそうだったので、S脚にしました。 
 S脚だとちょっと短いんですが、まぁ許容範囲内。
 (S脚はゴムボートを考えて作られてるっぽいですね)
 
・'18プロトン導入
 #2と#5を追加しました。'14よりもデザインが良くなり、
 リールシートが機種ごとに変えてあって非常に良い。
 '20でプロトタイプがリリースされるようです。
 ブランクは非常に気になる素材なんですが、
 リールシートがDPSなので微妙・・・
 店に並びだしたら、実物見てみたいです。
 
 
【今年獲った魚 15種】(前年に比べ3種減)
 
 剣先烏賊 真鯛 甘鯛 太刀魚 ゴマサバ メジ
 ムツ ドンコ ソコイトヨリ マハタ イナダ アジ
 ホウボウ ユメカサゴ ヒメ 
 
 
身内の不幸が続いたり、悪天候による出船不可(台風が多かった)
病院送迎や介護など昨年以上に色々とありました。ホントに・・・
 
とにかく、事故やケガも無く一年間過ごせたので良しとします。
 
忌明けから徐々に出船回数増やしていこうと考えています。
ブログも更新頻度上げるように心掛けます。
 
 
今年一年、お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
 
良いお年をお迎えください。
 
 
 
2019年12月29日
AQUA FIELD weblog 管理人 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

メンテ [ボート関連]

 
身内に不幸があり、色々ドタバタしてました。
忌明けまではボート出さないので、2月以降で復帰の予定です。
 
これと言ってネタも無いんですが、今月の初めにボートメンテしてきたので
その時の画像を貼り付けておきますかね・・・
 
 
リールメンテの相談を受けてたので、まずはそっちに取りかかる。
20191208_001.JPG
 
1台はメインシャフトのネジ山がだいぶ草臥れてる感じ。
シャフトの交換がベストですが、使えなくは無いので
ネジ山を少し削って補修し暫定運用可能に。
 
もう一台はハンドル自体に不具合は無さそう。
締め付けの位置と量の具合悪かったので修正。
話を聞くとドラグ締めてもラインがユルユルとのこと。
メカブレーキキャップを開けてみると、本来居なくても良い
ワッシャーのような部品が。
これが原因と思われるので、外して様子見に。
(この部品、多分ハンドル側に入っているのが本来の状態)
 
いずれにせよ、大事には至っていないので一安心。
 
 
 
続いて船外機のメンテ。
アノードの清掃とハンドルシャフトのグリスアップ。
20191208_002.JPG
外してワイヤブラシで磨いて元に戻す。
 
 
 
20191208_003.JPG
 
20191208_004.JPG
グリスガンで新しいグリスを注入。
 
 
 
20191208_005.JPG
初めて「ボート用」のワックスを買ってみた。
今までは車用のを使ってましたが、ボート用ってのを試してみたくなり購入。
 
 
 
20191208_006.JPG
ワックスなので、そりゃスベスベにはなるけど
うーん、違いが分からん・・・
 
 
やってる内に、ハルの汚れというかシミのようなものが気になりだした。
時間ある時にコンパウンドで磨くかなぁ。
1月はメンテ月間にするか。
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

レオブリッツ200J-L フォールレバー自作 [ロッド・リール関連]

とりあえずPOMでモックアップ的なものを製作。
 
 
貫通タイプ
DSC_0777_R.JPG
 
 
無貫通タイプ
DSC_0776_R.JPG
 
 
 
貫通の方が良いな。見た目的には黒の樹脂が良いと思うけど、
まぁ機能は満足してるので、しばらくこれでやってみる。
 
レオブリッツに限っては樹脂が良いと感じてる。
締め込んで行ったときにサイドプレートの突起に接するので
そこでストッパー的な役目を持たせるのが良いと思う。
そうなると金属の場合はサイドプレートが削れちゃうかもなのでNG。
 
 
 
レオブリッツやシーボーグの200系だとメカニカルブレーキノブの経が小さいのと
周りにスペースのゆとりがあるので、ほぼ円形で済むので旋盤でちゃちゃっと出来る。
 
 
グラップラーやオシコンだとメカニカルブレーキノブの経が大きいし、
周りにスペースのゆとり無いので、ジュラルミンかSUSで肉厚を薄めにしないとダメ。
結果的にリブレの製品に近い形になりそう。
 
 
放電で外形を出して、旋盤で切削だと材料を無駄にしないけど
トータルの時間は掛かる。
フライス盤だけでやるとすると、刃の入れ替が面倒だし、
まとまって時間を作らないと出来ないし・・・。
 
 
形状と製法をもうちょっと考えてみましょうかね。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ジグ補充 [タックル全般]

 
ダイワの新作 
20191123_001.JPG
紅牙ベイメタル真鯛 ひとまず80と100gを購入。
 
 
20191123_002.JPG
TGの鉛バージョンのような感じ。
巻きで真鯛を獲るためのジグだそうで、テールに膨らみを持たせてて
よく泳ぐってのが売りのようです。
機会があれば、今度試してみましょう。
 
 
 
 
それと、都合良く160gと200gがあったので買っておいたのが、
シマノのスティンガーバタフライウイング。
最近シマノが推してる「狂鱗」シリーズの「キョウリンムラギン」ってカラー。
 
 
20191123_003.JPG
 
20191123_004.JPG
なまめかしい紫にドットとティアドロップのグロー
 
 
20191123_005.JPG
 
20191123_006.JPG
妙にリアルな鱗の模様
 
 
このジグ、比較的安くて、とても良い働きしてくれるので好んで使ってます。
飛ばしてフォールでも良いんですが、ゆっくり持ち上げて落とすとか、
止めで使うと面白い。
ディープライナーのフレックでも似たような使い方してます。
回収時の抵抗が大きいのは、この形状なのでまぁしょうがない。
 
重めのを売ってる店があまりないのがネック。
新色だからなのか狂鱗系の重めがいくつかあったので、
グローが入ってるこれを購入。ストックが確保できて一安心。
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

レオブリッツ200J-L 中深海スロー対応 [ロッド・リール関連]

中深海で楽をしようと電動を使ってやる場合もあります。
現在はレオブリッツ200J-LにPE1号を600m入れてます。
 
しばらくは吊るしでやってましたが、先日の釣行で、
やっぱりハンドルが短いとやりにくいって感じました。
 
 
 
20191122_001.JPG
EVAのラウンドノブでも握りは問題ないんだけど、
アームの長さが足りない。
 
 
 
で、オシアジガー1500PGのハンドルとオシコンPGのノブを入れることに
20191122_002.JPG
ロックナットとリテーナーは手持ちのをとりあえず入れてる。
ナットが黒、リテーナーが青なのがイマイチなので後日交換予定。
 
 
 
20191122_003.JPG 
まぁまぁ収まり良くできてると思う。
 
 
 
ちなみにレオブリッツ200J系とシーボーグ200J系は
シーボーグ200J-SJのような部品組み込みサービスが
SLPで用意されてます。 URLはこちら→電動スロージギングカスタム
 
手持ちの部品が無ければこれも有りですね。
 
   
まぁ初めっからシーボーグ200J-SJ買えば良いっちゃ良いんですけど、
私はマグシールドがあまり好きでは無いので、あえてレオブリッツを使ってます。
 
メカニカルブレーキはシーボーグ200J-SJのが大きくて使いやすそうなので
部品発注してみる予定。多分入るはず。ダメだったら旋盤で削って自作だ。
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -